網膜内に含まれているロドプシンという成分が不足すると、目がかすんだり、眼精疲労を引き起こすと言われています。このロドプシンの生成を助けるのが、目に効果的だと言われている成分であるアントシアニンなのです。アントシアニンはロドプシンの生成を助けるだけでなく、抗酸化作用も持ち合わせているので、目以外の部分でも活躍することが出来る重要な成分です。アントシアニンを多く含む食材として有名なのがブルーベリーやビルベリーです。わかりやすく説明しますと、ブルーベリーの紫色の部分にアントシアニンが多く含まれています。ブルーベリーの他にも、さつまいもやプルーン、ラズベリーなども、アントシアニンをたくさん含んでいるのです。フルーツであれば、毎日でも簡単に摂取することが出来ますよね。疲れ目を予防するには、目の粘膜自体を保護してあげたり、網膜の働きを正常に保ち、健康でいなくてはなりません。このような作用をしてくれるのが、「目のビタミン」とも言われているビタミンAなのです。実は、ビタミンAには、植物性と動物性の二種類があります。植物性の物はカロチンと言って、体内で必要な分だけがビタミンAに変化するようになっています。カロチンを多く含む食材として、にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜があげられます。一方、動物性の物はレチノールと言って、摂取したら摂取した分がそのまま、ビタミンAとして作用します。レチノールを多く含む食材は、レバーやうなぎなどが代表的です。しかし、レチノールに関しては、過剰摂取に十分気をつけて頂く必要があります。過剰に摂取してしまうと、頭痛や発疹などが出てしまう危険性もあるのですー